フリーのエンジニアになる方法は?年収・人気・職種まとめ

企業に勤めて働くエンジニアがいる一方、特定の企業に属さず個人事業主として案件を請け負うエンジニアもいます。
このようなエンジニアをフリーエンジニアと呼びますが、近年注目の高い働き方です。

フリーのエンジニアになると年収はどう変わるのか、会社員のエンジニアとは何が異なるのか解説していきます。
また、エンジニアと一言でいってもさまざまな職種があるため、フリーのエンジニアとして働きやすい人気職種もまとめました。

ほのすけほのすけ

ぼくの子供も将来エンジニアにしたい位、今後も需要は伸び続ける職種だと思います。独立を考えている方の参考になれば幸いです。

フリーエンジニアの特徴

エンジニアの中には企業に所属しながら働くのではなく、個人で案件を獲得して報酬を得るフリーエンジニアとして活躍する人も多いです。
フリーランスとして働くことができる職種にはいろいろとあります。

その中でもエンジニアはフリーランスとして働きやすい部類に入りますので、独立するのも現実的な選択肢でしょう。

まずはフリーエンジニアの特徴に関して解説します。
フリーになることで得られる年収や、会社員として働くのとは異なるメリットやデメリットを見ていきましょう。

フリーのエンジニアは引く手あまた

昨今の日本において、そもそもエンジニアは慢性的に不足している状態です。
有効求人倍率も他の業界と比べると高いことから、活躍の場が広がっています。

人材不足が顕著なため、ある程度のスキルがあるエンジニアですと就職先を見つけるのは難しくありません。
もちろんフリーランスの需要も高い傾向にあります。

ただしフリーランスの場合は高スキルが必要となるため、一般の会社員エンジニアよりも求められるハードルは上がります。

フリーエンジニアの平均的な年収は?

フリーランスで働くと、安定的に仕事を受注することができれば、会社員時代よりも年収アップを実現できる傾向になります。
会社員ですと基本給がベースとなることから、どれだけスキルが高くても、ある程度決まった枠組みの中で抑えられてしまいます。

ただ、フリーランスになったことでライフバランスの見直し等を実施する方も多く
会社員時代とそこまで変わらない、あるいは減ったという方もいるため、年収には大きくバッファがあるような形です。

  • 会社員エンジニアの年収はおおよそ550万円
  • フリーエンジニアの年収はおおよそ300万~600万円

エンジニアの職種や働き方にもよりますが、会社員時代よりも年収を得られる可能性は十分にあるでしょう。

参考:IT人材白書2019

フリーエンジニアのメリット

フリーエンジニアのメリットは、前述のとおり働き方の見直しや年収アップ等を見込めるところです。

会社員ですと安定性はあるものの、スキルが高くても年収を安く抑えられがちですが、フリーランスですとスキルに見合う対価を得ることが可能です。
またフリーランスになると自分で好きな案件を選べるのもメリットです。

やりがいのある案件やスキルを伸ばせる案件に注力できるので、向かない案件を嫌々こなすようなストレスもありません。
在宅がメインの案件もあることから、働く場所や時間の自由度が高い点も魅力です。

フリーエンジニアのデメリット

年収アップが期待できるという大きなメリットがある一方、フリーランスで働くとなるとデメリットも存在します。
一つは自身のマネージメントが必要となることです。

プロジェクトが完了した後、次の案件を獲得するまでにロスタイムが生じることのないよう、上手に仕事を組み込まなければなりません。
これが案外大変で、クライアントとの日程調整と通常のエンジニアとしての仕事を同時進行でこなす能力が求められます。

またフリーランスは税務処理も自身でおこなうことになるため、会社員ならやる必要のなかった業務が加わることを覚えておきましょう。
そして案件が途絶えてしまうと収入を得られない状態に陥るため、安定性に欠けます。

会社員ならある福利厚生の恩恵を受けることができないのも、フリーだからこそのデメリットです。

ほのすけほのすけ

また、万が一のトラブルや、働くことが難しくなった際の保障サービス等についても知っておくとよいかもしれません。

フリーエンジニアになる方法は

フリーのエンジニアになるには、ある程度決まった道筋を辿る必要があります。

未経験者がいきなり活躍できるほど甘い世界では当然ありませんので、プログラミングスキルを磨き実践をこなしてからでないと、プロとして案件を獲得するのは難しいです。

またフリーランスとして生計を立てていけるようになるには、安定して案件を獲得できる環境を整えることも大事です。
フリーのエンジニアになる方法を解説します。

まずは就職して技術力を身につける

フリーのエンジニアとして活躍するには、エンジニアの中でもトップ水準に到達しなければなりません。
わざわざ外部のエンジニアに案件を依頼する以上、企業側としても即戦力でバリバリと働いてくれる人を求めるのはある意味当然のことです。

そのためには、基本的なプログラミングスキルを身につけておく必要があるでしょう。
また、過去に実務を経験したことがあるかという点も重視されるため、一旦は企業に就職しエンジニア職としての経験を積まなければなりません。

会社に属することで個人では経験できないような大きなプロジェクトを担当することができるので、実務の経験値を伸ばすことが可能です。
ある程度企業に属して学んでからフリーランスを目指すのが、結局のところ近道なのです。

よってエンジニア職を経験したことのない場合は、まずは転職して1年程度下積みを経験するべきでしょう。

ほのすけほのすけ

僕自身もwebマーケターとして企業で働いていましたが、エンジニアの方も数年と務めて独立されていく方はいました。やはり実務での経験は強いスキルになると思います。

未経験から目指すにはハードルが高い

前述のように、いくらエンジニアが人材不足だからといって、実務未経験の人でも需要が高いわけではありません。
即戦力として現場で対応できる人なら引く手あまたですが、そうでない人をプロジェクトに参加させてくれる企業はほとんどないでしょう。

そのため未経験者がいきなりフリーエンジニアを目指すのは、厳しいのが現実です。
よっぽど優れたプログラミングスキルがあり、たまたま条件の良い案件に空きがあるなど、運も必要になってきます。

ゆえにエンジニアの最前線で活躍するためには、経験値を積み上げていくことが必要不可欠です。
ある程度の実務経験さえこなせば、元々需要が高い業界ですからフリーランスとして案件を掴むチャンスは転がってくるはずです。

副業で案件を獲得し実績を積む

エンジニア職に就いて社内で実績を積んだ後は、副業として個人で案件を請け負ってみるとよいでしょう。
足元を固めることなくいきなりフリーランスになるのはリスキーです。

副業として自分自身で案件を獲得することで、フリーランスとしての働き方を身につけられるようになってきます。
クライアントとの関係性を築きあげ、ある程度安定して仕事を獲得できる道筋が見えたら、いよいよ独立へと動き出しましょう。

副業の場合ですと合間におこなうことになるため在宅案件がメインとなりますが、フリーとなった後ですと駐在型の案件も参加できるので、さらに幅が広がります。

オンラインのプログラミングスクールで学ぶ

近年流行っているのが、会社員ながらスキマ時間にプログラミングが学べるオンライン型のスクールです。

あらゆるコースがあり、未経験からエンジニアを目指す方におすすめで、そのまま独立または就職支援を実施してくれるスクールもあります。

働きながらエンジニアとしてのキャリアに舵を切りたい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

エージェントサービスを利用する

フリーランスが一人でクライアントからの案件を管理するのは大変です。
案件探しにも時間がかかりますし、そのように時間をかけて案件を探しても条件の良いクライアントに巡り合えるとは限りません。

肝心の本来おこなうべき業務にかける時間を減らしてしまうことにもなりかねないため、フリーランスとしてある程度地盤を固めるまではエージェントサービスを利用するのがおすすめです。

フリーランス向けの案件を条件に合わせて紹介してくれるエージェントサービスを使うことで、業務の効率化が図れて便利です。
また単に案件を紹介するだけでなく、実際に案件へ加わった後も相談に乗ってくれるなど、手厚いサポートを受けられます。

福利厚生関連のサービスが充実しているエージェントなどもありますので、評判のよいエージェントサービスを使ってみるとよいでしょう。

独立の準備をする

実際にフリーランスとして働く基盤が整ったら、開業の用意をおこないましょう。
個人事業主として働くためには、以下2つの書類を税務署に提出しなければなりません。

  • 開業届け
  • 青色申告承認申請書

青色申告をすることで控除額が増えるので節税に役立ちますが、事前に申請をおこなわないと青色申告で確定申告はできません。
そのため開業する際には一緒に青色申告をする準備も整えておくのが望ましいです。

また、会社員から個人事業主へと変わる際は、年金や保険の手続きなども必要になります。
他にも事業用の通帳を作成しておくと便利です。

ほのすけほのすけ

独立にあたり、このような事務的な手続きがいくつかありますので、計画立てて準備を進めましょう。

フリーのエンジニアで人気の職種は?

フリーランスのエンジニアといえども、職種はいろいろとあります。
職種により働き方も微妙に異なりますし、年収面も変わってくることから、どんなエンジニアを目指すべきか迷うかもしれません。

まずはフリーエンジニアの職種をしっかりと把握することが大切です。
フリーとして活躍しやすい人気の職種について紹介します。

Webエンジニア

WebエンジニアはWebサイトの開発や運用をおこなうエンジニアのことを差します。
具体的な仕事内容は、クライアントの要望に基づいてWebサイトのシステムをプログラミングにより構築していきます。

Webエンジニアの中でも、サイト上の見える部分における装飾などをおこなう人はフロントエンジニア、内部処理など目に入らない作業を行う人をバックエンドエンジニアと言います。

Webエンジニアの場合、成果物の納品が主となることから、在宅でできる案件も多いのが特徴です。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェア開発をおこなう職種です。
プログラマーの仕事は多岐に渡り、たとえば物流システムの開発もあれば、スマートフォンのゲーム開発などもあり、身の回りの至る所でプログラミングにより作られたシステムが存在します。

言語の種類も非常に多く、年々新たなプログラミング言語が誕生しています。
当然複数の言語を取得しているプログラマーの方が案件を獲得するのに有利ですから、常に知識をアップデートさせなければなりません。

システムエンジニア

システムエンジニアはクライアントの要望をヒアリングし、それを基にシステムの基本設計を考えるお仕事になります。
この基本設計を基に、実際にシステムのプログラムをおこなうのがプログラマーです。

よってシステムエンジニアはプログラマーの前段階を担う仕事となります。
プログラミング知識が必須なのはもちろんですが、クライアントの要望を細かく聞き出しニーズをくみ取るような判断力や、プログラマーと円滑に作業を進めていくためのコミュニケーション能力なども必要です。

まとめ

フリーのエンジニアは、肝心のエンジニアとしてのスキルがトップレベルであることはもちろん、フリーランスとしての能力も求められます。
案件を絶えず見つけるためには、エージェントサービスを活用し、営業に割く時間を減らす工夫も必要です。

また、いきなりフリーとして活躍するのは難しいため、まずは企業に就職して実務経験を得ることも大事でしょう。
ある程度経験値を積み上げると、独立できる地盤が整いますので、開業における準備を進めましょう。