【経験談あり】フリーランスでマーケターとして活躍するには?

いまやインターネットは生活に必要不可欠です。
情報収集をするには検索サイトやSNSを活用するのが一般的ですから、Webマーケティングに力を入れることは企業戦略における重要な鍵です。

よって需要が高く、プロジェクト単位での仕事も数多く存在します。
個人で請け負えるプロジェクト案件を受託しながら生計を立てているのが、フリーランスマーケターです。

そんなフリーランスマーケターとして成功するために必要なことをまとめます。

この記事でわかること
  • フリーランスマーケターは稼げる仕事である
  • マーケターの需要がわかる
  • 未経験者でもフリーランスマーケターになれる理由
  • どういったスキルを身に着けていけば良いかがわかる
ほのすけほのすけ

フリーランスのマーケターは正直おすすめです。自分自身もフリーランスでSEO対策等々を中心に企業と業務委託契約していたります。軌道に乗ってくると徐々に収入も増えてくるという点と、未経験の方でもサイト運営でスキルを磨くことができるためです。

マーケティング事業を行うフリーランスとは?

マーケティングはチームで行うものという印象が強いことから、フリーランスでマーケティング事業を行うというイメージが沸きにくいかもしれません。
実はマーケティングの単発案件はかなり多く、会社に属しながらではなく個人単位で仕事を請け負うことも可能です。

人によっては独立して会社員時代より稼げている人もいます。
フリーランスがおこなうマーケティング事業について掘り下げて見ていきましょう。

フリーランスマーケターの需要はあるの?

企業の業績を伸ばすうえで優秀なマーケターの存在は必要不可欠です。
しかしながらマーケティング力に長けている人材は慢性的に不足していますので、マーケターは常に一定の需要があります。

プロジェクトにおける一部分を担当して欲しいといった要望も多いことから、フリーランスのマーケターであっても活躍の場はきちんと用意されています。
しかしながらフリーランスのマーケターがどんな仕事をしているのかイマイチ分かりにくいため、フリーランスのプログラマーなどと比べるとイマイチ浸透しません。

ほのすけほのすけ

需要が多い割に人材不足なポジションであることから、フリーランスマーケターとして働くうえではニーズとメリットはあると思います。

複数契約で売上(収入)が増えていく

SEO対策やSNS運用などに課題がある企業と個人契約し、契約数を増やしていくことで、月額の売り上げもどんどん増えていきます。

基本的には業務委託契約になりますが、「3ヶ月」や「6ヶ月」といった期間で契約するので、お付き合いできる企業を増やしていけばおのずと収入もアップしていきます。

なおかつ、個人サイト運営で収入のベースを作っておく

いわゆる上記のようなコンサル契約をしつつも、個人でサイトを運営することで収入を底支えすることも可能です。

アフィリエイトや広告掲載による収益も獲得していくようなイメージです。

ほのすけほのすけ

個人でのサイト運営も自身のスキルが活用できて収入もプラスオンできるので、やらない手はありませんね。

フリーランスマーケター案件として多いもの

フリーランス向けのマーケティング案件と言っても、実にさまざまな案件が転がっています。
Webマーケティングにおける基本的な案件としては、たとえば以下になります。

  • SEO対策
  • リスティング広告運用
  • コンテンツマーケティング
  • SNS運用

SEO対策は検索サイトにおいて上位表示させるための分析や、実際のウェブサイト作りなどの案件です。
リスティング広告とは、検索サイトやSNSなどにおいて表示される広告ですが、このような広告の運用案件などもあります。

また、SNS運用関連やコンテンツ立ち上げの企画づくりなどを、フリーランスに任せる企業も存在します。
このようにフリーランス向けのマーケティング案件は多岐に渡るため、自分の強みを活かせる案件を受注できるはずです。

ほのすけほのすけ

ぼくの場合は会社員時代にその会社のサイトのSEO対策を担当し、かつWebメディアも立ち上げした経験があるので、記事編集や運営ノウハウをもとに、複数の企業にスキルを提供している形になります。意外とメディア運営がなかなかうまくいっていない企業って多いんですよね。

稼ぐフリーランスマーケターになるにはスキル取得が必須

マーケターの需要は高いですが、フリーランスとして独立を果たし、常に一定の案件を獲得するにはスキルが必要です。
マーケティング分野において長けていることはもちろんですが、フリーランスの場合は会社員と求められる能力が異なります。

会社員ですと基本的に指示に従い役割をこなせば良しとされていますが、自分の裁量が全てのフリーランスの場合、ただ指示を待つだけでは仕事を広げることができません。
マーケティング事業のみに関わらず、フリーランスとして生計を立てられるだけの力を身につける必要があります。

フリーランスマーケターとして稼ぐために求められる能力を見ていきましょう。

Webマーケティング知識の取得

フリーランスマーケターとして活躍するために身につけておくスキルとして、肝心のWebマーケティングにおける知識があげられます。
わざわざ外部のフリーランスに依頼する以上、知識に長けた人物を求めているのはある意味当然です。

たとえば動画編集のスキルがない人に、Youtuberの案件はやってきません。
マーケティング分野に特化しているのは大前提の話ですから、一定水準に達していなければ次の案件依頼に繋がることはないでしょう。

クライアント側としては即戦力として使える人物を求めているのは間違いありませんので、知識はもちろんのこと経験値も重要です。
そのためフリーランスのマーケターで稼ぐには、会社に就職して一定のスキルを身につけている人の方が有利です。

ほのすけほのすけ

最近はMAツールの運営ができる人のニーズが高まっていますね。企業の顧客育成の観点でMAツールの導入が活発なためです。このようにマーケティング案件といえどもさまざまな案件があるため、自分が主としている分野のスキルをどんどん伸ばすことが大切です。

コンサル能力やコミュニケーション能力

会社で働く場合は分業制となりますので、自分の役割をきっちりと果たすことが先決です。
しかしフリーランスですと自分ひとりで行う範囲が広がるため、マルチな能力が求められます。

特に身につけておきたいのがコンサル能力とコミュニケーション能力です。
しっかりとクライアントの問題点を抽出し、適切にベネフィットする力に長けておく必要があります。

またクライアントとのやり取りは全部自分ひとりで担当するわけですから、コミュニケーション能力も欠かせません。
現場スタッフとのやり取りも発生しますので、都度上手に指示だし出来たり要望を聞き入れることが出来る人が好まれます。

ほのすけほのすけ

コミュニケーションスキルはぜひ身に着けておきたいところです。

仕事管理のスキル

フリーランスのマーケターとして働く場合、諸雑務も自分でこなさなければなりません。
たとえば複数のクライアントからの案件を抱えることになりますので、スケジュール管理を綿密に行う必要があります。

またフリーランスは会社員のように働く時間に縛りがないため、きちんと自分を律していないとだらけてしまうというケースもあります。
よって仕事管理や時間管理を適切に行える人でないと、フリーランスとして働くのは難しいです。

他にもフリーランスは確定申告を自分で行うため、会計業務もある程度はこなす能力が必要です。
通常の会社員なら発生しない業務も増えてきますので、その辺りをこなすタフさも重要でしょう。

フリーランスマーケターとして稼ぐ人が行っている行動は?

フリーランスとしてマーケティング事業を行おうと思っても、いきなり稼げるようにはなりません。
ライターのような初心者でも取りやすい案件もありますが、マーケティング関連の案件は素人にはハードルが高いです。

よって稼げるフリーランスマーケターになるには、プロセスを踏むことが大切です。
どのような行動をおこなえばフリーランスマーケターとして独立できるのか解説していきます。

会社に就職してスキルをつける

マーケティング関連の案件を獲得するには、実績が大事になります。
基本的なWebマーケティングの知識やスキルが身についていないと、案件が回ってきません。

そのためまずは会社に就職して経験を積むのが近道です。
Webマーケティング関連の会社に就職できれば、個人規模では受注できない大きなプロジェクトに携わることができますし、先輩からフィードバックを受けることも可能です。

自分一人では取得が難しいスキルを身につけることが出来るので、マーケティング知識を取得するうえで非常に効率的でしょう。
ベンチャー企業であれば中途採用の間口も広いですから、未経験の方は一度企業に籍を置くことをおすすめします。

その会社で通用するスキルではなく、どこでも通用するスキルを意識すること

フリーランスを目指すなら、その会社だけで通用するスキルは必要ありません。外に出ても通用するスキルや経験・考え方を意識して習得していくべきです。

このポイントを間違えると、いざ独立した際に非常に苦労します。

ほのすけほのすけ

ぼくもベンチャー企業で5年超働いてきた経験やスキルが活きていますが、独立してもやっていくためにどんなことが必要か?という意識は常に持っていました。

副業として案件を獲得し実績づくりをする

企業に属して基本的なマーケティング知識を身につけたら、副業として案件を受諾してみてはいかがですか?
通常の仕事をこなしながら副業の案件も行うのは大変ですが、いきなり会社を辞めてしまうのはリスキーです。

副業がある程度軌道に乗り安定して案件を受注できるようになるまでは、会社にも籍を残しておくのが得策です。
マーケティング案件の中には週1程度でできるものもありますので、まずは負担をかけずに行える案件からこなすとよいでしょう。

少しずつさまざまな案件をこなし実績を積み上げていくことで、大きな案件も獲得しやすくなります。

ほのすけほのすけ

副業は会社の就業規則を確認してから行うようにしてくださいね!

案件獲得にはクラウドソーシングサイトが便利

案件を獲得するには知人などに紹介してもらう方法もありますが、クラウドソーシングサイトを活用すると便利です。
クラウドソーシングサイトには単発案件もあれば継続案件もあるので、自分の状況に応じてこなしやすい案件を選ぶことができます。

案件単価も幅広いですから条件に合う案件を見つけるには、こまめにチェックしておくことがポイントです。

また、案件を見つけるには求人サイトを活用する方法もあります。
フリーランス向けの求人サイトであれば、業務委託の求人もたくさん紹介されていますので、マーケティングに特化したものを探しましょう。

ほのすけほのすけ

indeedや求人ボックスといった複数の求人サイトの求人情報をまとめて掲載しているサイトで雇用形態を”業務委託”で指定し検索すると色々な案件が出てきますよ。

参考:indeed|業務委託の求人

独学でフリーランスマーケターとして活躍するためにできることはある?

企業に勤めて下積みをおこなうのがフリーランスマーケターとして活躍するための近道ではありますが、独学では必ずしもなれないというわけではありません。
必要な知識さえ身につけていれば案件をこなすことはできるため、後は少しずつ数を重ねることで実績づくりが出来ます。

独学で必要なスキルを身につけるために、下記のことをおこなっておくのがおすすめです。

  • ブログ作り
  • アフィリエイト

ブログ運営をおこなうことでSEO知識が自然と身に付きますし、アフィリエイトをおこなうことでリスティング広告運用に関しても理解が広がります。
まずは簡単にできることから始めてみることは非常に大切です。

ほのすけほのすけ

サイト運営ならトライ&エラーで色々できるのでおすすめです。ぼくも当初は良く失敗していましたが、気づきがあるので自身の成長速度は速くなりました。

まとめ

優秀なマーケターは企業にとって大きな戦力になるため、フリーランスとしても引く手あまたです。
案件単価も他の職種と比べると高い傾向にあるので、本業として食べていくことも十分に可能です。

まずは実績を増やすために副業として案件を請け負うことからスタートしましょう。もちろん、未経験からでもじゅうぶんチャンスはあります。
軌道に乗った後ならフリーランスとして活躍する道も開けてくるはずです。