フリーランスがローンを組む上で知るべき注意点や審査ポイント

フリーランスはローンを組めないというイメージがあるかもしれません。
確かに会社員と比較すると厳しく見られるため、組むのが難しいという事情はあります。

しかしフリーランスでも安定した収入を得ており、返済負担率も無理なく設定している人なら、ローンを組むことは可能です。
要は返済能力を認められればフリーランスでも審査に通ります。

フリーランスがローンを組む時の注意点や知っておくべき審査ポイントをまとめました。

この記事でわかること
  • フリーランスでもローンは組める
  • ローンを組む際に見られるポイント
  • 審査に通りやすくするための考え方
ほのすけほのすけ

最も大切なのは「社会的信用力をいかに上げるか」という点です。個人事業主としての事業の継続性や収入を問われます!

フリーランスがローンを組む際の注意点

フリーランスがローンを組む場合、正社員として働くサラリーマンがローンを組むのとでは話が変わります。
それを知らずローン審査にチャレンジしても、通すことができず時間だけを無駄にしてしまうかもしれません。

フリーランスはサラリーマンよりローンを組むのが不利で、いくつか注意点があります。
ローンを組むにあたりどのような点に気をつけなければならないのか見ていきましょう。

フリーランスでもローンを組むことは可能?

フリーランスはローンを組めないという話もありますが、絶対に組めないわけではありません。
実際、フリーランスでも住宅ローンなど長期のローンを組んでいる人はいます。

しかし組みやすさに関しては、会社員と比較すると劣ります。
つまり組むうえでのハードルが高くなるのですが、それはフリーランスという働き方の安定性が大きく関係しています。

フリーランスのような自営業は、どうしても月々もしくは年間を通じての収入が安定しにくいので、安定した返済計画を重視する金融機関から避けられやすいです。
とはいえきちんと返済可能と判断できる要素が揃った人ならローンも通るため、最初から諦める必要はないでしょう。

ほのすけほのすけ

独立したばかりだとさすがに高額なローンを組むことは難しいかと思われます。

年収の基準がサラリーマンとは異なる

では審査において返済可能と判断されるために何が重要なのかと言いますと、やはり年収です。
年収が安定していれば、通常の会社員と同様に毎月安定した返済ができると見なされます。

また、年収が高い方が返済計画に余裕が出てくるので、好まれる傾向にはあるでしょう。
注意しなければならない点として、フリーランスの場合は収入だけでなく所得が重視されます。

ほのすけほのすけ

所得とは年収から経費を差し引いた金額のことです。
たとえ年収が高くても経費をたくさん費やしていると、所得は下がります。

フリーランスが経費にできるものとしては、一例として以下があります。<

p>

  • 通信費
  • 水道光熱費
  • 接待交際費
  • 新聞図書費
  • 地代家賃
  • 消耗品費

ローンの返済に充てるお金は所得から捻出することになりますので、所得が低ければ審査が通りにくくなってしまう可能性があります。

経費計上が大きい場合は要注意

上で紹介したようにフリーランスが住宅ローンなどを組む際は所得を見られます。
よって節税対策のために経費計上を多くしていると、逆にローンが通りにくくなってしまうということを押さえておきましょう、

経費計上する科目を増やし所得を減らせば、所得税や住民税などを抑えることができます。
一方でこれが逆にローン審査では不利に働くこともあるので、ローンを組む予定がある場合は確定申告で不明瞭な経費を計上しないよう、一層注意しなければなりません。

ほのすけほのすけ

節税も大事だけど、ローンを組むとなる所得が見られるという相反する形ですね…直近でローンを組みたい場合は、経費についても気を使う必要がありそうです。

所得は直近3年分をチェックされる

基本的にフリーランスの場合は直近3年分の所得を確認されることが多いです。
また、そもそも事業開始から3年以上経過していないと申し込みができないという金融機関もあります。

よって月々の収入が長期に渡って安定していないと、審査通過が難しくなるでしょう。
カードローンなどはそこまで厳しくないものの、特に住宅ローンでは長期に渡る安定性を重視されます。

事業がある程度軌道に乗るまでは住宅ローンは通りにくいため、ローンの申し込みをするタイミングを見極めましょう。

住宅の用途は居住用が前提

フリーランスの中には自宅とオフィスを兼ねている人もいるでしょう。
このような自宅兼オフィスの住宅ローンを組む場合は要注意です。

住宅ローンは通常の住居として利用することを前提としたローンのため、事業用物件ですと条件を満たしません。
金融機関にもよりますが、50%以上を居住用とする必要があります。

住宅ローン審査を通すためには、用途に関してもきちんと確認しましょう。

ローン審査で見られるポイントは?

これからローン申し込みをするにあたり、金融機関がチェックする項目は気になるところでしょう。
実際のところ、具体的な審査基準に関して明らかにしている金融機関はありません。

よって過去に審査をおこなった人のデータをもとに、推測するのが一般的です。
金融機関がローン審査の際に見ているポイントについて見ていきます。

その他ローンの有無

たとえば住宅ローンの審査をする場合、カードローンや自動車ローンなどその他のローンを抱えていると不利になります。
これはフリーランスだけではなく会社員にも言えることです。

所得に占めるローンの返済率が高くなることから、返済が厳しいと捉えられてしまいます。
見落としがちなところとしては、スマホの割賦契約があげられます。

機種代購入時に分割払いをしていると割賦契約となるのでローンを組んだ扱いになり、ローン審査への影響が出てきます。
もし住宅ローンなどを組みたいのであれば、なるべくその他のローンは減らすようにした方が賢明でしょう。

ほのすけほのすけ

ぼくは企業勤めのタイミングで住宅ローンを組んでいますが、会社員でさえも審査時に車のローンについて突っ込まれました。フリーランスならなおさら厳しく指摘されるかもしれませんね。

クレジットカードなどの支払い遅滞

単純にその他のローンを抱えているかどうかだけではなく、これまでのクレジットカードやローンの返済実績も見られるポイントです。
このような個人信用情報は記録が残されていることから、過去に遅滞していると当然その情報も保存されてしまいます。

支払い遅滞は特に金融機関が嫌う要素のため、かなり厳しく見られることがほとんどです。
一度クレジットカードやスマホの支払いが遅れただけでも、信用機関の情報に載るので、信用を損なうことになりやすいです。

信用情報は5年間ほど残るため、信用情報が悪いとその期間ローンを組みにくくなってしまいます。
ローンを通すためにはクレジットカードなどの遅滞が発生しないよう、管理を徹底しておくことが重要です。

ほのすけほのすけ

引き落とし先の口座残高等は日頃からチェックしておきましょう!また、スマホ代の支払い遅延も厳しく見られることもあるようで要注意です。

連帯保証人の有無

連帯保証人を用意できるかと言う点も、金融機関がチェックするポイントです。
そもそも連帯保証人とは、借金の返済が滞った際に、自分に代わり返済を引き継いでくれる人になります。

基本的に住宅ローンを組む場合、あくまでも本人の返済能力が重要ですから、連帯保証人を求められることはありません。
しかしフリーランスですと、安定性に欠けることから連帯保証人を求められるケースもあります。

この際に連帯保証人を用意できなければ、ローン審査が厳しくなってしまう可能性は高いです。

ほのすけほのすけ

扱いは各金融機関により異なるため、ローン審査時に早めに相談してみてはいかがでしょうか。

健康状態

健康状態もローンを組む際に影響を与える大きな要素です。
特にフリーランスの場合は、自分の健康状態が事業の業績に直結します。

万一けがや病気になり就業できない状態となってしまうと、会社員よりも立て直しが難しいです。
住宅ローンを組む条件が団信への加入となっているケースは多いですが、健康状態に問題があるとそもそも団信への加入ができません。

持病がある人でも加入しやすいワイド団信を利用したり、健康状態が回復するまで待つなど対策が必要となります。

ほのすけほのすけ

余談ですが、ぼくが組んだ住宅ローン(フラット35)には団信が付いていて、万が一があった際にローンが全額免除されるんですよね。組めてしまえば生命保険的な役割を担ってくれます。

参考:フラット35|【フラット35】と【団信】が一つになってリニューアル

フリーランスがローン審査を通過するためにやるべきことは?

フリーランスは会社員よりもローン審査に通過するのが大変です。
そのためただ闇雲に審査申し込みをおこなうのではなく、通過するためのポイントを押さえておくことが大事でしょう。

収入面に不安のあるフリーランスでも、返済能力があると判断されればローン通過は十分に可能です。
フリーランスがローンを組むために、どんなことをおこなうべきか見ていきましょう。

無理のない借入金額を設定する

まずは肝心な借入額の設定を間違えないことです。
当然借入額が大きいほど審査は厳しくなるので、ハードルは上がります。

また、単に借入額そのものではなく余裕を持った返済負担率にするのも、ローンを通すためのポイントです。
住宅ローンですと、フリーランスの場合は借入額を年間所得の35%までにするのが一つの目安とされておりますが、低ければ低いほど返済がラクになるのは言うまでもありません。

余裕を持たせるには所得の20%~30%に留めておくのが無難です。
また、年間所得が300万円未満など低い場合ですと、さらに返済負担率を抑えなければいけません。

借入限度額ギリギリまで借りようとせず、余裕をもって返済できる物件を選ぶというのが大事なポイントです。

自営業者が利用しやすい金融機関を選ぶ

借入額の設定と共に、金融機関選びというのも住宅ローンを通すために重要です。
金融機関によって住宅ローンの特色はさまざまです。

一般的に、収入に安定性のない職業は敬遠する金融機関が多いものの、中には自営業者を厚く支援している金融機関もあります。
たとえば設備投資が増えたため直近の所得が下がったなど、個別の事情を踏まえて審査してくれるなど、融通が利きます。

また、フラット35も自営業者が組みやすいローンになりますので、条件が合うようなら視野に入れるとよいでしょう。

自己資金を増やす

自己資金を増やすのもローンを組みやすくするためのコツです。
頭金が増えればそれだけ返済負担率を抑えられますので、金融機関からの印象はよくなります。

またきちんと貯金ができる人というイメージが付くので、信用性もアップします。
フリーランスの場合は、会社員よりも多くの頭金を求められるケースも多いです。

いずれにしろ自己資金が増えればそれだけ選択肢は広がりますので、ローン審査を有利に運ぶためには、コツコツと自己資金を増やして備えましょう。

ほのすけほのすけ

ぼくはいま車が欲しくてせっせと現金を貯めています!

まとめ

フリーランスは住宅ローンを組むハードルが高いため、以下のような対策をきちんと行うことが重要です。

  • 他のローンは完済しておく
  • クレカなどの支払い遅滞をしない
  • 自営業者に優しい金融機関を選ぶ
  • 返済負担率を抑えられるよう頭金を用意する

また、フリーランスの場合は収入ではなく経費を除いた所得で判断されるのが一般的です。
よって所得に対して無理のない借入額にするというのも、審査を通過するポイントでしょう。

ほのすけほのすけ

独立後のローン審査はハードな部分がありますが、本質を理解して相談してみることはまったく問題ありません。ただ、家族がいてマイホーム購入を予定している方などは、ライフプランに関わるので、企業勤めならなるべく会社員であるタイミングで住宅ローンは組んだ方がスムーズかもしれません。