フリーランスになるメリット|好きな時間に働ける?会社員との比較

フリーランスという働き方には様々なメリットがあります。もちろんメリットばかりではありませんが、会社員だった人はこれまでとまったく異なる自由な働き方に魅力を感じるでしょう。
そこで今回はフリーランスを目指す人に向けて、フリーランスの具体的なメリットを紹介していきます。

この記事でわかること
  • フリーランスになることで受けられるメリット
ほのすけほのすけ

自身も会社員からフリーランスになりましたが、やはりメリットは感じます。どんなことがあるか詳しく見ていきましょう。

フリーランスの働き方についてのメリット

早速フリーランスで働く主なメリットを以下で見ていきましょう。

  • 自分一人で業務を遂行できる
  • 自由に働く場所と時間を決められる
  • 仕事と趣味を両立しやすい

上記のメリットを見るとわかるように場所や時間、人などに縛られず自分の好きなように仕事をできるのがフリーランスの大きなメリットです。会社員のように安定を得るまでには時間がかかるかもしれませんが、それでも「自由に仕事がしたい」という人は高い満足度を得られるでしょう。

一人で仕事をするから自分の好きなように仕事ができる

まずフリーランスと会社員の働き方の違いを以下で確認しましょう。

  • フリーランスは(基本的に)自分一人で仕事を遂行する
  • 会社員は会社の人たちと一緒に仕事をする

会社員は基本的にチームで仕事をします。報告と連絡、相談をしながら業務を遂行する必要があるため、自分の考えだけで自由に仕事を進めることはできません。ただし仲間で何かを成し遂げるのが好きな人は、チームで仕事をする会社員の働き方が自分に合っていると思えるでしょう。

一方、フリーランスの場合は自分で仕事内容を決め、自分のペースで仕事を進めるのが基本です。何かあった場合も自分の責任になりますが、自分の思い通りに計画を立てたり業務を遂行したりすることが可能です。今まで自分の思うように仕事を進められずもどかしい思いをしていた人は、フリーランスになればのびのびと仕事をすることができるでしょう。

ほのすけほのすけ

僕の場合は会社員時代から元々物事をぐいぐい進めていきたいタイプだったので、フリーランスの働き方は性格的にも合っていました。

好きな場所で好きな時間に働ける

フリーランスと会社員とでは働く場所や時間も異なります。以下に働く場所と時間の違いについてまとめました。

  • フリーランスは働く場所も時間も自由
  • 会社員は働く場所と時間が決まっている

フリーランスは仕事さえできれば、いつどこで働いても問題ありません。例えばWeb関係の仕事ならばパソコンとWi-Fiがあれば仕事ができるため、例えば温泉宿や野外で早朝だけ仕事をしても構わないのです。

会社員の場合は決められた時間までに会社に行き、決められた時間まで会社で仕事をする必要があります。営業職など職種によっては会社の外で仕事をすることもありますが、ほとんどの会社員は朝8時前後から夕方6時前後まで会社内で仕事をします。

このようにフリーランスと会社員とでは、働く場所と時間の自由度がまったく違うのです。

ほのすけほのすけ

最近はコロナの影響によるステイホームが一般化して、会社勤めでも在宅勤務が推奨され始めています。特にウェブ系企業は在宅勤務が取り入れやすく、会社員でも柔軟な働き方ができる環境にはなってきましたね。

プライベート時間と仕事時間の調和がとれる

先に紹介したようにフリーランスは働く場所や時間、仕事内容を自由に決められるというメリットがあります。そのため例えば朝の7時から12時まで仕事をして、残りの時間はプライベートな時間に充てるということも可能です。

プライベートな時間が充実すると心が潤うため、仕事のパフォーマンスも向上するという良いスパイラルが生まれやすいです。

会社員も毎日定時で帰れてなおかつ通勤時間も短い場合は、プライベートな時間を多くとれるでしょう。しかし実際は9時間から10時間ほど職場にいるケースも珍しくありません。通勤時間を合わせると10時間以上の時間を仕事のために使っている人がほとんどでしょう。

また1週間のうち5日から6日は会社に行く必要があるため、フリーランスの人と比較すると会社員はプライベート時間と仕事時間の調和がとりにくいのが実情です。

ほのすけほのすけ

通勤の往復だけでも2時間とかざらですからね…とはいえ在宅勤務がより広まれば会社員でも時間の融通が利きやすくなりますね!

フリーランスに転身すれば気持ちにも変化が現れる可能性大

働き方に関するメリットだけがフリーランスのメリットではありません。フリーランスになることで、以下のように気持ちにも良い変化が現れる可能性が高いのです。

  • 仕事上の人間関係で悩むことがなくなる
  • 充実感を得られやすい

実際にフリーランスに転身した人に行った内閣官房日本経済再生総合事務局のアンケートでは、次のような調査結果が出ています。

  • フリーランスになって仕事上の人間関係に満足している人の割合は約9割
  • フリーランスになって充実感や達成感を得ている人の割合は約8割

参考:フリーランス実態調査結果|令和2年5月 内閣官房日本経済再生総合事務局

これまで職場の人間関係で悩んでいた人や仕事にやりがいを感じれずに悩んでいた人は、自分一人で仕事をすることで大きな開放感と充実感を得られる可能性が高いということがわかるでしょう。

人間関係の悩みから開放される

「職場内で良い人間関係を築きたい」と思ってはいるものの、思い通りに人間関係を築けずに悩む会社員も多いのです。会社員はチームで仕事を進めるため、いくら仕事ができても人間関係が上手くいかなければ実力を存分に発揮できないでしょう。

ほのすけほのすけ

昔、「どんな仕事をするか」よりも「誰とやるか」の方が重要と言われて納得していました。それくらい人間関係は仕事のモチベーションにおいてとても重要なことです。

フリーランスの場合は基本的に一人で仕事をします。仕事の依頼主とはやりとりをする必要がありますが、依頼主とはパソコンで連絡をとり合うことがほとんどです。そのため人と接することはほとんどありません。人と接することが少ないということは、人間関係で悩むこともないということです。

ずっと一人で働いていると孤独感を抱く人がいるのも事実です。しかし他人に気を使い過ぎたり人見知りをしたりする人は、一人だけで働けることをメリットだと感じるでしょう。

充実感や達成感を得られやすい

フリーランスは仕事そのものをすれば良いというわけではありません。
以下のようなことを自分一人で行う必要があります。

  • 仕事をもらうための営業活動
  • 報酬の交渉
  • 仕事
  • トラブルの対処など

営業活動や報酬の交渉などをしなければ仕事、つまり報酬をもらい続けることはできません。さらにもしトラブルが起きた場合は自分で対処することになります。しかし自分一人でやらなければならないことが多い分、仕事を納品した後や依頼主から継続依頼があったときは大きな達成感や充実感を得られます。

会社員も仕事が上手くいったときは達成感を得られますが、基本給が決まっている上にトラブルが起きた場合は会社と一緒に対処するのが一般的です。フリーランスの人よりは安定と安心が保証されていることから、フリーランスと会社員とでは達成感や充実感の感じ方に大きな差が出ます。

ほのすけほのすけ

逆に言うとそれだけのオールマイティのスキルを付けていく必要がある、ということになりますが、一人で生きていける術を身に着けることにもなるので決して苦ではありません。

年齢を問わず収入を得られるのも大きなメリット

フリーランスには次のようなメリットもあります。

  • 何歳まででも働ける
  • シニアになっても仕事をした分の報酬が入ってくる

フリーランスになると会社員のような充実した社会保障制度は利用できなくなりますが、年齢を問わず働けるため自分で稼いで老後資金を捻出することが可能です。
またシニアになっても引き続き自分で働いた分の報酬を得られるため、体力とスキルがある場合は老後も不安のない充実した生活を過ごせます。

ほのすけほのすけ

もちろん、老後資金は若いうちから備えておくことに越したことはありません。特にフリーランスは厚生年金には入れないので、その他の制度を活用するなどして積み立てていく必要があります。

身体が元気なら後期高齢者になっても働ける

会社員の場合2021年4月時点では、60歳から65歳で定年を迎えるのが一般的です。2025年の4月からは65歳定年制が義務化されますが、それでも必ず会社を辞めなければならないときがきます。
定年後は退職金や貯蓄、年金などで生活するケースがほとんどです。しかし退職金や貯蓄が減っていくことに不安感を覚える人も少なくありません。

フリーランスには当然のことながら退職金はありませんが、身体が元気ならば何歳まででも働けます。

若い頃と同じ収入を得続けることも可能

会社員は継続雇用制度を利用すれば、一般的な定年の年齢を過ぎても働き続けられることもあります。継続雇用制度について以下でもう少し詳しく解説します。

  • 再雇用制度…定年を迎えたら退職し、再雇用してもらう
  • 勤務延長制度…退職せずに働き続ける

上記の制度のうち一般的に利用されることが多いのは再雇用制度です。同じ会社で働けるため仕事がしやすいというメリットがあります。しかし仕事内容や勤務日数、勤務時間は変わらないものの、給料は5割から6割程度に落ち込むケースも少なくありません。

フリーランスは年齢問わず、仕事をした分の報酬はそのままもらえます。後期高齢者になっても30代や40代の頃と同じ仕事をしていれば、若い頃と同じ報酬を得られるのです。それどころか年齢を重ねればスキルや営業力がアップする可能性が高いため、1つの仕事の単価が上がることもあるでしょう。

つまり若い頃と同じ仕事をしていても若い頃よりも効率良く仕事ができたり、より多くの報酬を得られたりすることもあるのです。

ほのすけほのすけ

もちろん、フリーランスとしての働き方も年を重ねていくうちに変化させていく必要はあります。今までの経験を活かしメンターとして教える側に立つ、といったことも考えられますね。

まとめ

働き方の多様化が進む日本では、場所や時間に縛られずに働けるフリーランスという働き方に注目が集まっています。

通勤時間を気にする必要も、つき合いでお酒を飲みに行く必要もありません。締め切りまでに仕事を終わらせられれば、午前中に仕事をして午後は趣味に没頭するという生活スタイルを実現することも可能です。

ただし、自分の理想のライフワークバランスを実現するためには、仕事を得るための営業力や仕事を継続するためのスキルが必要です。営業力とスキルがないと収入を得られないため、営業力と仕事のスキルは磨き続ける必要があります。

希望の収入を得続けるための努力は必要ですが、会社員時代にはない多くのメリットも得られます。そのため「働き方を見直そうかな」と思っている場合は、フリーランスという働き方を前向きに検討すると良いでしょう。

ほのすけほのすけ

ここでは、フリーランスになるメリットをご紹介してきました。ただ、勢いで会社員を辞めてしまっては後悔する可能性があります。以下の記事ではスキルがない状態でもフリーランスはやっていけるのか、ということをメインに書いているのでぜひ読んでみてください。